物理の勉強記録&参考書紹介

ベクトルの定数倍

(※数式が見切れている場合は横スクロールしてください。)

ここでベクトルの定数倍について定義しきましょう。

定義

あるベクトルに正の数kをかけると、向きはそのままに大きさがk倍になる。同じく負の数(-k)をかけると、向きが反対になり、大きさがk倍される。

図示すると以下のような感じですね。

大きさが定数倍されたり、向きが変わっていることがお分かりいただけますでしょうか。

最初のうちは少し慣れないかもしれませんが、使っていくとだんだんと慣れてきます。

ちなみに、ゼロ倍すると零ベクトルというものができます。

\begin{align}
\vec{x}\times0=\vec{0}
\end{align}

数字のゼロとは違う概念なので、少し注意が必要です。

ゼロベクトルだけは向きを指定することができません。大きさはゼロのベクトルです。

関連リンク

>>ブログ版アラサー高校物理の記事一覧

>>物理の勉強ロードマップ【2019年版】

>>YouTubeで使用可能な数学と物理の参考書「アラサー高校物理」