科目別勉強法

【大学受験】英語過去問対策を完全解説!いつから?何年分?どうやって復習する?

ども、ぽこラボ所長です!

今回は英語の過去問を勉強するときはどんな風に勉強したらいいのか解説します。

「いつから過去問を始めるべきなの?」
「何年分解けばいいの?」
「時間を計って解くのは分かってるけど、どうやって復習すればいいの?」

そんな疑問を全て解決する記事になっているので、ぜひ参考にしてください!

過去問をいつから始めるべき?

過去問をいつから始めるべきか、から解説します。

特に現役生の場合は

「夏には過去問演習をしておいたほうがいい!」
「過去問演習は秋くらいからだ!」

みたいに色んな人が色んなことを言っている場合もあると思いますので、ここで改めて整理して理解しておくといいでしょう。

細かいことはこちらの記事で紹介していますので、ここでは簡単にまとめておきます!

  • 現役生で共通テストが必要でない場合
  • 現役生で共通テストが必要な場合
  • 浪人生の場合

現役生で共通テストが必要でない場合

現役生で共通テストが必要でない場合は、共通テストの演習の時間を取らなくてもいいので、11月頃から、過去問演習のメインに切り替えられれば間に合う人が多いでしょう。

可能であれば、10月くらいから進められるとライバルたちに差をつけることができますね。

特に受験する大学数が多い場合(5校以上ある場合)は10月には始めておくのがおすすめです。

現役生で共通テストが必要な場合

現役生で共通テストが必要な場合には、共通テスト対策のメインの時期が11月最終週あたりから共通テスト本番までの1ヵ月半から2ヵ月程度欲しい所です。

それより前に多少なりとも、個別試験の過去問には取り組んでおきたいので、遅くとも10月末~11月頭には志望校の過去問を解き始めたいですね。

浪人は絶対にしない、という場合には、10月頭くらいからは滑り止めにする予定の過去問も始められる状態を目指すといいでしょう。

また時間のある夏休みには、共通テストでしか使わない科目や滑り止めの過去問もいくつかチャレンジできると尚よい状態です。

浪人生の場合

浪人生は本来、4月頭から週1くらいでは過去問を扱っていきたい所です。

現役生のときに散々な結果で、浪人の春の段階でA判定が出ていない場合はそれほど余裕がないかもしれませんが、それでも夏休みの時期までには過去問演習メインの勉強に以降できるよう計画を立てて勉強を進めていきましょう。

浪人生で実力がついているからと言って、滑り止め校や共通テスト対策をサボってしまうと足元をすくわれる可能性は十分あります。

どちらも現役生以上に抜かりなく進めてくださいね。

過去問を何年分勉強すべき?

続いてよく聞かれるのが何年分勉強すべきかということ。

こちらも次の3パターンに分けて解説します。

  • 現役生&浪人はしない場合
  • 現役生&浪人覚悟の場合
  • 浪人生の場合

詳しくは別の記事にまとめているので、そちらも参考に!

現役生&浪人はしない場合

現役生の場合は、滑り止め、志望校両方合わせてせいぜい30年分が限界、一般的には15年分くらいできれば頑張った方です。

私立専願であれば、科目数も多くないのでもう少しできる人もいます。

3校受けるのであれば、各5~6年分を基本と考えるといいでしょう。

ただし自分にとっては易しい大学(過去問1回目から合格最低点を余裕で超えるなど)の場合は、2年分~3年分にしてその分、志望校の過去問演習の年度数を増やすようにするなどの調整をするのもありでしょう。

現役生&浪人覚悟の場合

現役生で浪人覚悟の場合は、色んな大学の対策をしなくても済むので、浪人できない人よりは、1大学に集中して過去問演習できます。

最低でも10年分、できれば20年分以上を目標に過去問演習をしたい所です。

後述しますが、浪人生の場合は、滑り止めの大学ですら10年分くらいこなす余裕がある人もいるので、できるだけ負けないように準備してほしいですね。

浪人生の場合

浪人生の場合は4月からでも過去問演習ができますし、夏くらいからは過去問演習をメインにできるので、かなり演習可能です。

第一志望に関しては、20年分以上を目安にしてください。

滑り止めも各大学5年分以上は満点を取れる状態にしたいですね。

英語の過去問:勉強の手順、効率的な復習方法

それでは最後に勉強の手順を解説していきます!

英語は他の科目と比べてかなり復習に時間のかかる科目なので、最初から時間がかかるものと思って取り組むのが大事です。

それも踏まえて、以下が過去問演習1年分の具体的な手順になります。

  • 問題用紙を印刷する(解答用紙もある場合は準備)
  • 時間を測って解く
  • 時間延長して解けるところが増えそうならペンの色を変えて延長
  • 和訳と対応させながら英文を頭から読み返す
  • 解説を全て読む
  • 知らない単語を全て調べて覚える
  • (模範解答を暗記する)
  • 3回音読する
  • (添削が必要なものは添削をお願いする)

それぞれ補足していきます!

問題用紙を印刷する(解答用紙もある場合は準備)

まずは問題用紙、解答用紙の準備からです。

過去問が載っている典型的な本は赤本だと思いますが、赤本は正直分厚すぎてそのまま使うと、ちょっと実際の状況と違いすぎます。

たとえば、本番とは違う場所でページが変わっていたり、メモできる余白部分が違ったりということもありますし、分厚すぎて開いたページが安定しないこともあります。

問題用紙はできれば印刷しましょう。

東進の過去問データベースというサイトに無料登録すれば、タダでダウンロードできるので、そちらをダウンロードして印刷するといいでしょう。

>>東進の過去問データベース

※ただし東進のサイトに全大学、全学部の全年度があるわけではないので、注意。

また、共通テストや記述が多い大学などは赤本のサイトで、解答用紙も入手できることがあるので、ぜひダウンロードして本番の形に近い状態で取り組みましょう。

時間を測って解く

解くときは実際の試験時間と同じ時間で解きましょう。

最初のうちは試験時間内に解き終わらないことも多いはずです。

解き終わらない場合は早く解けるようになることも練習なので、まずは時間内にできるだけ多くの問題を解けるように練習してください。

英語の場合は、解けなさ過ぎて時間が余るということはないはずですが、逆に簡単すぎて時間が余るという場合も出てくるかもしれません。

簡単すぎて時間が余る場合は、しっかり見直しをした上で次の手順に進んでもOKです。

ただし、しっかり見直しもして時間が余ったにも関わらず80%程度しか得点できていないようなら、もっと丁寧に演習することをおすすめします。

時間延長して解けるところが増えそうならペンの色を変えて延長

時間が足りない場合は、延長するのもアリです。

ただし、できる限り時間内に解き切ることを意識してトライした後に延長するようにしてください。

また延長する際も、どれくらい時間が足りなかったのか計るためにも時間を計りながら進め、ペンの色も変えておくといいでしょう。

後で見返したときに、一目で時間内の作業か、時間外の作業か判別しやすくするためです。

ペンの色が違う所も正解になっていて、得点率が上がるようならスピードを上げなければなりませんし、

時間を延長しても大して得点率が上がらないのであれば、正確に解くことが大事になってきます。

和訳と対応させながら英文を頭から読み返す

ここからは復習パートです。

英語と古典は基本的に頭から文章を読み返すべきです。

なので、どうしても時間はかかりますが、これをサボっている人はなかなか得点が上がりません。

多くの場合は、過去問の解説に和訳がついているはずなので、和訳と見比べながら英文を頭から読み返していきましょう。

このときに正確に意味や用法を覚えていなかった単語、文法などもチェックしてメモしたり付箋を貼ったりしておくといいでしょう。

あとあとの作業がしやすくなります。

頭から丁寧に読んでいくと、多くの場合は「勘違いしていた」箇所などが出てくるはずです。

解説を全て読む

英語の過去問の復習は文章を読み返すだけではありません。

問題の方もしっかり復習していきます。

解説が書かれているはずなので、解説は正解している問題でもしっかり読み込みましょう。

不正解選択肢などにもちゃんと目を通して、なぜ不正解だったのかも説明できるようにしてくださいね。

知らない単語を全て調べて覚える

英文をしっかり読み返していくと、必ず知らない単語、覚えていない単語に出くわします。

これらは必ず辞書で調べましょう。

和訳を見れば意味はわかるかもしれませんが、辞書で調べるのが大事です。

意味だけでなく、語法や派生語などまで目を通しておくと、記憶に残りやすくなります。

調べたものは何かしらの手段で残しておき、その場で覚えるか後で必ず覚える時間をとりましょう。

ノートに書いて終わりでは意味がないので、書いたものは覚えて消す所までしっかりやりこんでください。

(模範解答を暗記する)

主に作文が出題される大学に関しては、模範解答が解説に載っているはずなので、何度もくり返し音読して、暗記するようにしてください。

模範解答をインプットするだけでも、自分の力だけで書ける英文は徐々に増えていきます。

3回音読する

全体の復習が終わったら最後に全体を音読です。

前から英文の構造と意味が同時に取れるように音読していってください。

特に英文を読むスピードを上げたい人は絶対にサボってはいけません。

全体を読むだけでもそこそこ時間はかかると思いますが、英語の過去問の復習はそういうものです。

時間がかかるものと諦めて取り組みましょう。

(添削が必要なものは添削をお願いする)

和訳や英訳でそこそこの分量がある大学はできれば、添削をお願いしたい所。

学校や塾の先生などにお願いしてみましょう。

ココナラなどを使えば身近にお願いできる人がいなくてもお願いすることは可能です。

>>ココナラで英語の添削サービスを探す

 

自分では意識していなかった間違いに気付いたり、もっと良い表現を発見できたりすることもあるので、ぜひ積極的にお願いしましょう。

ちなみに仮に無料でも長々と拘束されてしまう場合、他の勉強時間が削られることもあるので、先生は選びながらお願いしてくださいね。

復習にかける時間に注意

ちなみに、英語の過去問は他の科目と比べてもかなり復習に時間がかかる科目です。

受験までに使える時間は限られているので、英語ばかり勉強しても非効率な受験勉強になってしまう可能性も出てきてしまいます。

復習にも制限時間をつけるのがおすすめです。

制限時間は試験時間の2倍までを目安にしてみてください。

共通テストの演習なら80分が試験時間なので、復習パートは80分の倍の160分を目安にする形ですね。

最初のうちはそれでは全然最後まで復習が終わらないかもしれませんが、その時間内に音読まで終わる大問だけを集中的に扱っていきましょう。

逆に言えば、倍の時間くらいはかけるべきとも言えます。

時間がないからといって、手を抜くのだけはやめましょう。

徐々に得点が上がってくれば、頭から読み返す部分にかかる時間が減っていくので、2倍の時間があれば、全て間に合うようになってきます。

まとめ

今回は大学受験における英語の過去問演習の勉強法を徹底的に解説しました!

参考にして、徐々に過去問の得点をあげていってくださいね!

それではまた、所長でした!

社会人の大学入試完全攻略ガイド

東大出身、個別指導歴10年以上
プロ講師が解説!

「本当に受かりたい方」
におすすめです。

>>社会人の大学入試 完全攻略ガイド