科目別勉強法

古文読解|おすすめの参考書レベル別3選!効率的な勉強法で大学受験レベルに!

ども、ぽこラボ所長です!

今回は古文読解の勉強法やおすすめの参考書について。

「文法は一応勉強したけど、文章を読むのは辛い」
「一回も自信を持って最後まで読み切ったことがない」

そんな人が多いのが古文の読解。

古文は共通テストやセンター試験でもかなりの長さで、しっかり勉強していないと最後まで自信を持って読み通すのが難しいですよね。

そこでこの記事では、古文を自信を持って最後まで読み切れるようになるための勉強法や、おすすめの参考書を紹介していきます!

古文全体の勉強の流れ&事前にやっておくべきこと

古文全体の勉強の流れは以下のチャートの通り。

読解の前に、古典文法の基本をインプットし、問題演習をしてそれを定着させて、さらに品詞分解の練習をしてようやく読解がしっかり練習できるようになります。

少し大変ですが、この勉強の順序を守って勉強した方が圧倒的に効率がいいので、ぜひ順序を意識して勉強しましょう。

読解に入るまでの勉強法については以下の記事で解説しているので、参考にしてくださいね!

古文読解におすすめの参考書|レベル別

続いておすすめの参考書を紹介します。

古文の読解用の参考書は3段階くらいにレベル分けできます。

それぞれ1つずつおすすめを挙げると以下の通りです。

1番初級は古典文法の確認からスタートして、徐々に読解問題へ移行するタイプの参考書。

これは「基礎からのジャンプアップノート 古文読解・演習ドリル」が個人的には1番おすすめです。

値段、量、レイアウトともにお手頃で使いやすいと言っていいでしょう。

このレベルは他に次のような参考書があります。

次が標準的なレベル。

共通テストや難しくてもMARCHくらいまでの文章が演習できる参考書です。

このレベルでおすすめなのは「大学入試問題集 岡本梨奈の古文ポラリス1基礎レベル」です。

最近の参考書なので、レイアウトも綺麗で非常に使いやすいでしょう。

またさらにレベルアップしたいときに同シリーズの難易度の高いものを選んで使うことができるのもおすすめです。

また「古文読解 多読トレーニング (武田塾一冊逆転プロジェクト) 」も最近の参考書で比較的使いやすい構成、レイアウトをしているので、ぜひ手に取ってみるといいでしょう。

他には次のような参考書があります。

最後が入試レベル最難関レベル、あるいは記述問題も含むような参考書ですね。

このレベルに関しては過去問メインで学習しても問題はないかなと思いますが、一応「「有名」私大古文演習 (河合塾シリーズ)」がおすすめになります。

その他、記述の練習がしたいなら「大学入試問題集 岡本梨奈の古文ポラリス3発展レベル」もいいですね。

他に次のような参考書があります。

古文読解の効率的な勉強法

次に効率的な勉強法について解説していきます!

具体的な手順|どうやって勉強する?

具体的な勉強手順は以下の通りです。

  • 時間を計りながら問題を解く
  • 現代語訳と本文を見比べながら頭から読み返す
  • 問題の解説を全て読む
  • 覚えていなかった単語を辞書で調べて覚える
  • 覚えていなかった文法項目を文法書で調べて覚える
  • 便覧で出典をチェックする
  • 全文をザッと読み返す

それぞれ補足しますね!

時間を計りながら問題を解く

まずは時間を計りながら解きましょう。

共通テストを受ける人は特に重要です。

というのも共通テストは試験時間がかなりハードめに設定されているからですね。

今回紹介した参考書で共通テストほどの分量の問題はほとんど載っていないので、最大でも解く時間は20分以内を目安にするといいでしょう。

大体20分くらいが共通テストの古文に使える最大の時間になります。

現代語訳と本文を見比べながら頭から読み返す

全て解き終えたら、解説に載っている現代語訳と本文を見比べながら頭から全て読み返していきます。

全然読み解けなかった場合は時間がかかるかもしれませんが、それでもやり切るしかありません。

古文の場合は特に省略されている主語が多いので、次回以降どうやって見破るかを意識しながら読み返すといいでしょう。

問題の解説を全て読む

問題は正解している問題も含めて全て解説を読んでいきます。

特に1周目に関しては、たまたま正解していただけの場合もあるので、全ての解説を読んで、次回からは自信と根拠を持って正しい選択肢を選べるようにならないといけません。

覚えていなかった単語を辞書で調べて覚える

覚えていなかった単語も1つの文章につき2、3出てくることはよくあります。

必ず辞書で調べるようにしましょう。

単語帳に載っていないものでも、積極的に覚えていくことで、語彙力の面で困ることがなくなっていきます。

覚えていなかった文法項目を文法書で調べて覚える

しっかり文法を勉強してから読解演習に入った人はそれほど文法項目で困ることはないと思いますが、所々あいまいな部分が残っている人もいるはず。

解説を読んでいてあいまいな部分が見つかったら必ず文法書を開いて、基本的な内容を見直しておきましょう。

便覧で出典をチェックする

古文は現代文と違い、新しい文章が次から次に増えるものではありません。

そのため入試に出せる部分が限られていて、前に見た文章が入試でも出てくることはよくあります。

便覧でザッとでも出典の基本的なことを確認するようにしておくと、大まかな内容が頭に入っている文章に出会う確率が上がっていくでしょう。

また古典の文学史問題を出題する大学もときどきあります。

そういった問題が志望校の過去問に出ている場合は毎回必ず出典となっている文章がどういった時代のどういう文章なのかは覚えておかないといけないですね。

全文をザッと読み返す

最後に全体をザッと読み返して終わりです。

英語のように何度も音読をする必要はありませんが、文法項目や単語などを思い出しながらスラスラ読めるかだけチェックしておきましょう。

周回の手順|何周する?

古文の読解参考書は2周はしておきたいところ。

2周目でもまだ文法や単語で曖昧なものが残っていれば、3周してから過去問演習に移りましょう。

標準的なレベルのものが2周できていれば、どんな大学でも過去問に移っても大丈夫なレベルになるはずです。

やってはいけない勉強法

読解の練習はてきとうに進めているとなかなか成長しません。

やりがちだけど、やってはいけない勉強法についてもまとめておきますね。

  • 全文を復習しない
  • 調べものをしない
  • 調べたものを覚えない

全文を復習しない

まずは必ず全文復習するようにしましょう。

「読めなかった部分だけ現代語訳と照らし合わせてみる」とか「問題と関係あるところだけ読み返す」みたいな復習をしているうちは全然成長しません。

時間がかかっても全て現代語訳と照らし合わせながら見直すようにしてくださいね!

調べものをしない

文法や単語の意味などは、解説中の現代語訳を見ればわかるのは間違いないですが、それだけでは不十分。

必ず辞書や文法書で調べものをするようにしましょう。

本文中でわからなかったということは、そもそもその文法項目や単語の意味が覚えられていないですし、合わせて覚えるべきものも覚えられていない可能性が高いです。

文法なら同じ単元の他の項目だったり、単語なら別の意味だったりまでチェックしておくのが重要ですね。

調べたものを覚えない

調べたのはいいけど、それをノートに書いて満足している人もいます。

ノートに書き留める必要はないので、必ずその場で覚えましょう。

上述したように最後に一通り全体を読み返してみるときに、調べたものを覚えていればスラスラ読めるはずです。

それができるかどうかチェックして、覚えられていないようなら、そのときに必ずしっかり覚えるようにしてください。

大学受験を意識したペース、いつまでに終わらせるべきか

大学受験を意識した国語の勉強ペースは以下の通り。

古文の読解はできれば高2の後半くらいからは始めて、高3の夏休みには切り上げて過去問演習に入れる状態になっておくのがおすすめです。

詳しくはこちらでも解説しています。

よくある質問

「何冊やればいいの?」

と聞かれることがあるので、それについて補足しておきます。

理系なら1冊〜2冊、文系なら2冊〜3冊程度でしょう。

古文ばかりに時間は取れないので、それ以上の時間は取れないことが多いでしょう。

時間がない場合は、標準的なものを1冊だけでも大学のレベルによっては十分過去問に取り掛かることも可能です。

古文長文読解が終わったら次に何をやるべきか

古文の読解演習を参考書で終えたら、あとは過去問演習です。

過去問演習をする際には、「国語」の単位で進めたいので、現代文と漢文のペースも合わせて勉強を進めていきたいですね。

まとめ

今回は古文の読解演習について解説しました!

この記事の通りに勉強すれば、過去問も「全く歯が立たない」ということはなくなるはず。

細かい所まで覚えながら勉強するようにしてくださいね!

それではまた、所長でした!

社会人の大学入試完全攻略ガイド

東大出身、個別指導歴10年以上
プロ講師が解説!

「本当に受かりたい方」
におすすめです。

>>社会人の大学入試 完全攻略ガイド