科目別勉強法

大学受験のための国語の勉強ロードマップを図解!現代文・古文・漢文全てを完全網羅!

ども、ぽこラボ所長です!

今回は国語(現・古・漢)の勉強法について。

国語の勉強法の全体感をパッと見て理解できるくらいに整理されているものは少ないのではないかと思います。

この記事では、プロの塾講師が現代文・古文・漢文の勉強法を図解もしつつ紹介していきます!

何から始めたらいいか分からない。。。

そもそも、国語って伸びるの?

そう思っているあなたもぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事の内容は以下の通り。

  • 国語全体の勉強の流れ
  • 各要素ごとのおすすめ参考書

それぞれ解説していきます!

国語全体の勉強の流れ

まずはこちらの図をご覧ください。

国語の勉強の流れはこちらの図の通りです。

基本的には点数を安定させやすい古文漢文を優先して勉強するのがおすすめです。

※漢文が志望校に出題されない場合は漢文をカットでもOKです。

現代文は古文漢文に比べると点数が安定しにくいということはもちろんですが、もっと他の社会科などと比べても点数を安定させるのが比較的難しいので、

受験全体で見てもやや後回し気味に勉強した方が全体の得点は高得点化していきやすいはずです。

漢字や文学史に関しては、志望校で出題される場合には勉強した方がいいのは間違いないですが、この部分に高得点を配分している大学は少ないと思われるので、比較的コスパの悪い勉強になってしまうことは否めません。

各要素ごとにもう少し踏み込んでコメントしていきます。

古典文法インプット

まず最初は古典文法のインプットからです。

細かいことを言えば、中学校で習う現代日本語の文法を軽く勉強してから入った方がいいのですが、それも踏まえて映像授業や参考書を使って、一通り知識を頭にいれていく作業になります。

学校の授業でしっかり教えてくれている場合は、このパートはカットして、アウトプットから始めても構いません。

特に古典の場合は、助動詞、助詞、敬語が頭に入っていないと苦しくなってしまいますので、これらをしっかり理解して置くことが重要です。

古典文法アウトプット

基本的なことを一通り習ったら、次は問題演習をしながら、習ったことを定着させていく作業です。

何度も授業を受けるよりも2回~3回くらい問題集で実際に手を動かしながら解き進める方が確実に頭に入るので、この作業は全員必須です。

1冊選んで繰り返しこなしていきましょう。

古文単語

図解には入れていないのですが、古文単語を単語帳でどうしても覚えたいという人は古典文法と同時進行で進めるといいでしょう。

正直、たかだか300~500程度の単語を覚えれば良いだけなので、古典文法の問題演習や、品詞分解、読解演習をしながら出てきたものをその都度覚えていくだけでも十分間に合います。

学校で小テストなどが課されている場合は、その機会はせっかくなので生かして毎回満点を狙いに行きましょう。

品詞分解

文法をある程度理解できたら、次は品詞分解の練習です。

学校の宿題に課されていることも多いはずですが、実際のところ品詞分解が出来なければ、読み間違いが頻発してしまうので、必ず全員やらなくてはならない勉強です。

慣れるまではかなり辛いですが、慣れてしまえばどうということはありません。

古文読解演習

品詞分解に慣れてきたら、本格的に読解演習です。

問題集を使ってバンバン進めていきましょう。

こちらも1冊、多くても2冊選んで、繰り返しやるだけです。

漢文句法インプット

漢文の句法のインプットは古文のアウトプット以降に(あるいは並行して)進めるのがおすすめです。

特に古文の助動詞や助詞の知識があると、漢文の句法のインプットが少しだけ楽になるので、必ず順番としては古文文法→漢文句法です。

こちらも学校でやってくれるならパスしてアウトプットから始めてもOKですが、学校ではまとめて句法を習わないというのであれば、

映像授業や講義系の参考書を使って自分で勉強していきましょう。

漢文句法アウトプット

句法も一通り理解したら、定着のための問題演習です。

問題集を使ってガンガン問題を解いていきましょう。

漢文読解演習

漢文に関しては、句法の問題演習が終わったら、次は読解演習です。

文章を読んで、問題を解いて、を問題集を使って繰り返していくことでだんだんと実力がついてきます。

1冊程度出来れば、それで十分なことが多いです。

現代文インプット

現代文に苦手意識がある人は基本的な読み方を映像授業や講義系参考書で少しインプットしておいた方がいいことも。

苦手意識がない人は最初から読解演習をしても問題ありませんし、インプットをするほど受験までに時間的余裕がない人も多いので、その場合もインプットはあきらめる方がいいでしょう。

現代文読解演習

現代文の問題演習で重要なのは、もちろん解くこともそうですが、解説を丁寧に読むこと。

解説を読んで、そこに書いてあることを100%吸収していけば、現代文も実は安定させることは可能です。

※時間はかかりますが。

解説の手厚い問題集を使って学習を進めていきましょう。

漢字練習

上述のように入試に出てくる漢字は、国語全体における配点はそれほど高くないと予想されます。

※大問ごとの得点は公開されていない大学も多いので、実際の所は分からないですが。

一方で、1から漢字練習をやろうと思うと、それなりに量をこなさなければならないので、コスパはそれほどよくありません。

最低限、現代文の読解演習で出くわす漢字は覚えていきましょう。

特に選択形式になっているものは不正解の選択肢も合わせて覚えていってください。

そのうえで、時間があれば漢字練習用の参考書を使っていくのがいいでしょう。

文学史インプット

文学史も出題されるのは1問から2問程度であることが多く、その場合は文学史の勉強用に参考書を買って勉強するのはやはりコスパが良くありません。

ですので、まずは最低限、出典を確認して、付随する補足情報は覚えていく方針で勉強しましょう。

便覧などで毎回少しずつでもいいのでチェックする時間を取るだけでも違います。

よほど余裕があるなら、勉強用に参考書を準備してもいいでしょう。

各要素ごとのおすすめ参考書

改めて図解を載せておくので、一旦流れを頭の中で復習してみてください。

ここからはそれぞれのパートのおすすめ参考書を紹介していきます。

古典文法インプット

古典文法のインプットは学校で習ったのであればパスしてもOK。

まとめて体系的に勉強していないのであれば、スタディサプリ、あるいはTryITがおすすめです。



あるいは講義系の参考書を使ってもいいですね。

例えば、

などから1冊選んで進めるのもいいでしょう。

基本的には、映像授業の方が終わるまでに何時間かかるか予想しやすいのでおすすめです。

その方が計画が立てやすいですからね。

古典文法アウトプット

アウトプットは問題集を用いて進めていきます。

1冊を3周くらいやっておけばそれで十分でしょう。

例えば、

などを利用してみましょう。

古文単語

古文単語は、毎回出てきたものを覚えていくだけでも正直十分ですが、単語帳を使って勉強した方が頭に残るというタイプの人は以下のうちから1つを選んで頭に叩き込みましょう。

正直好き好みでてきとうに選べばどれを使っても構いません。

学校で指定されたものがあるならそれでももちろんOKです。

品詞分解

品詞分解はとにかく問題集を使って何度も繰り返すのが大事です。

例えば、

あたりの解説に載っているように自分でもトライしてみましょう。

自分でやって、解説を確認して、の繰り返しで徐々にできるようになってきます。

15〜30回くらいでどれだけ苦手な人でもできるようになります。

古文読解演習

品詞分解ができるようになったら、読解は文脈を掴む練習をするだけです。

問題集を進めながら、慣れていくのが大事。

最終的には問題を解けるようにならないといけないので、問題の出題形式にも慣れていきたいところです。

例えば、簡単なものだとこちら。

このレベルは真面目に品詞分解の練習をしていれば、余裕でクリアできてしまうかもしれなません。

私立だとかなり読みにくかったり、長かったりする問題も出るので、レベルに応じてこちらも使ってみるといいかもしれません。

漢文句法インプット

漢文の句法は古文の文法をインプットし終えたくらいからなら始められます。

正確には、古文の敬語の概念は漢文には必要ないので、古文の助動詞と助詞を勉強し終えたあたりからは漢文も並行して勉強し始めることが可能です。

こちらも古文同様、学校の授業で習っているならパスしてもOK。

習っていない場合も、やはり古文同様にスタディサプリTryITなどの映像授業でインプットしていくのがおすすめです。



もし講師が合わないなと思ったら、こちらのような講義系参考書で基本事項をインプットしていくのもありでしょう。

漢文句法アウトプット

漢文の句法も習いっぱなしでは頭に残りませんから、問題を解き進めながら頭に入れていきましょう。

例えば、以下の参考書から1冊を選んで通しで何周か解いてみましょう。

それだけで十分頭に残るはずです。

漢文読解演習

漢文の句法がある程度頭に入ったら、あとは文章を読みつつ、問題を解くことに慣れていく必要があります。

正直、漢文は共通テストレベル以上のものはそう出題されることがないので、1冊程度真面目に問題を解いておけば後は過去問演習だけで十分です。

例えば、こちらの参考書で演習をしてみましょう。

現代文インプット

現代文は他の分野や科目に比べると勉強量と得点が比例しにくいので、なかなか時間が取れない、あるいは取らない受験生も多いと思います。

苦手意識がある方は映像授業や講義系参考書で基本となる読み方を勉強していきましょう。

例えば、



などで1つ分かりやすいものを選んで通しで勉強してみてください。

それほど苦手意識がない方は最初から読解演習でも問題ありません。

現代文読解演習

読解演習はちゃんと自分の頭で解いて、そのあと、ちゃんと復習することが大事です。

正直、点数が全然上がらないという人は「復習が雑」なせいで点数が上がっていないという場合がほとんどです。

共通テストやセンター試験系の過去問題集はかなり解説が詳しいのでおすすめです。

もう少し細かいところまで勉強したい方、余裕がある方はこちらもおすすめです。

あとは志望校の過去問をメインに頑張ってやっていくのが1番でしょう。

いずれにしても共通テストの過去問、志望校の過去問に合わせて、参考書が1冊出来ればかなり頑張った方です。

漢字練習

漢字練習はコスパ的にそれほど時間を割きたくない所。

まずは共通テストやセンター試験の過去問、あるいは志望校の過去問で出ている漢字は基本的に全部覚えましょう。

不正解の選択肢も含めてです。

正直それだけでも数百くらいの漢字は覚えることになるはずです。

余裕があれば、こちらのような漢字練習用の参考書を用いても構いません。

文学史インプット

文学史は古文漢文での出題が多く、現代文での出題は稀ですが、いずれにしても最低ラインとしては、毎回出典については丁寧に調べることが重要です。

例えば、こちらのような便覧は毎回チェックするようにしましょう。

そのうえで、さらに勉強する余裕がある場合には、こちらのような参考書でインプットしておくだけでも安心して受験することができるでしょう。

まとめ

今回は国語(現代文、古文、漢文)について、大学受験までの勉強のロードマップを示しました。

改めて図を載せておくので、この図は頭に入れておくといいでしょう。

そして参考書も紹介しましたので、ご自身の進捗に合わせて、自分に合うものを見極めて取り組んでみてください!

それではまた、所長でした!

ベテラン塾講師がプロの指導法を「Kindle」で徹底解説!

東大出身、個別指導歴10年以上
プロ講師が解説!

「本当に上手く教えたい方」
にだけおすすめします。

>>東大塾講師が教える個別指導塾プロの指導法: 45の教えるコツ